TOP > 取扱商品 > 玉掛関連:3Kロック

3Kロックアルミクランプ管 圧縮加工(ロック加工)玉掛索

販売

製造作業標準

 
■切断・マーキング
1)この作業標準はワイヤロープ(以下、ロープという)の切断及びマーキングに適用する。
2)使用機材及び工具
使用機材…天井クレーン
安全防具…手袋
使用工具…金属製直尺・鋼製巻尺・ノギス・電動ロープカッター


3)作業手順
要所及びチェック項目
1.倉庫よりロープを取り出し作業台に乗せる。
ロープ径・構成・種別の確認をする。
2.チョークで鋼製巻尺を用いて作業面にスタート点Bと標点間隔lとなるようにA点を記入する。
切断長さは製造技術標準による。
3.ロープをA点まで引張りB点にて切断する。必要な本数繰り返す。
切断面のワイヤーがバラしてしまわないように注意する。ロープの汚れ・キズ等のチェックをする。
4.マーキングは4箇所行う。切断長さ及び、マーク位置を確認する。(▽部分)
切断寸法許容差及び、マーク位置は製造技術標準による。
5.マーキング終了後、組立工程へ移管する。

4)不良処置
不良の処置
処置
1.ロープの不良。
仕入先に返品する
2.切断長さの不良。
A.許容差以上に長い。
B.許容差以上に短い
A.許容差内に切断する。
B.責任者の指示に従う。
3.マーキング不良。
A.マークが消えている。
B.マーク位置が間違えている。
A.再度マークする。
B.修正する。

■組立
1)この作業標準はワイヤロープスリング(以下、ロープスリングという)の組立作業に適用する。
2)使用機材及び工具
使用機材…油圧プレス機
安全防具…安全メガネ・手袋
使用工具…三角バイス・セットプレス・バリ取り機・ハンドグラインダー
3)作業手順


3-1 アイ加工
作業手順
要所及び、チェック項目
1.スリーブをロープに通す。(図1参照)
スリーブサイズを確認する。
2.Tの位置までスリーブに差し込む(図2参照)
ロープが跳ねる事があるので注意する。
3.Uのマークがスリーブの位置にくるまでロープを引っ張る。(図3参照)
ロープの端がスリーブの端まできていること。
T・Uマーク位置再確認。


3-2 シンブル付加工作業手順
作業手順
要所及び、チェック項目
1.スリーブをロープに通す。
2.フックのアイ部分にロープを通す。(図4参照) スリーブ・シンブル・フックの呼び径・種類を確認する。
3.三角バイスにセットする。(図5参照) Tのマークは横爪の図5の位置にセットする。
4.三角バイスの横・竪爪を調整する。 横・竪爪を各少しずつ締め調整する。
5.ロープ端がスリーブより抜けると危険なので○印をセットプレスで押す。(図6参照) スリーブが少し変形を始めたらプレスを止める。T・Uマーク位置再確認する。

3-3 プレス加工及び、バリ取り作業手順
作業手順 要所及び、チェック項目
1.試運転をA〜Dの順に行う。
A.所定の圧力に設定する。
B.圧力保持時間を設定する。
C.使用ダイスをセットする。
D.ストロークを調整する。
A.圧力計にて規格値以上の圧力確認をする。
B.0秒以上であること。
C.規定のダイスが入っているか確認する。
D.作業性のよい幅に設定すること。
2.スリーブをダイスにセットする。(図7参照) ロープの端が上になってスリーブの端にロープの端がきていること。図7の様にスリーブを垂直にセットすること。
3.セレクトスイッチを自動に切換える。 ダイス付近に不要な工具があれば取り除くこと。
4.押しボタンスイッチ(入)を押す。 圧力計にて規定圧力を確認する。
5.機械より取り出しバリ取機又は、ハンドグラインダーにてバリ取りを行う。(図8参照) 安全メガネを付けて必ず作業を行うこと。バリの角が無くなり丸みを持つまで行うこと。
6.A〜Dを確認する。
A.仕上がり全長。
B.アイの大きさ。
C.ロープ端の出来具合。
D.スリーブの外径。
A.長さの許容差は製品規格による。
C.スリーブの端にロープの端がきていること。
D.製品規格による。

4)不良の処置
不良の処置・工具交換 処置
1.製品の全長、アイの大きさ不合格。 廃棄処分。但し、再使用できるシンブル・フックは使用してもよい。
2.機械工具の故障、又は破損した場合。 納入メーカーに連絡し修理する。
3.ハンドグラインダーの砥石交換。 砥石直径が1/2程度になれば交換する。

※図解


※長さの許容差は真っ直ぐな状態で±2×(ロープ径)とする。


製品規格表1 長さの許容差 (単位%)
区分
許容差
両端シンブル付
±0.5
片端シンブル付
±0.7
両端シンブルなし
±1.0

製品規格表2 スリーブ寸法(単位mm)
ロープ径
スリーブ外径
9
18.50
12
24.75
14
29.85
16
34.00
18
37.70
20
41.70
22
47.50
24
51.20